Page: 1/1   
「美の壷」のツボ
最近日本の古美術に興味を持っており、好きな番組の一つに美の壷がある。
視聴者を対象に知っ得講座『「美の壷」のツボ』が開催され、名古屋栄のNHKビルまで行ってきた。

まず、番組プロデューサーが登場。番組を楽しむツボをお話される。
番組が出来るまでに最低2ヶ月はかかり、長いものは半年がかりだとか。様々な取材が為され、多くの情報が捨てられ、残ったエキスが放送される。
●一つ目の番組を楽しむツボ・・・本物だけを伝える
番組内の登場する美術品・工芸品は全て本物。(数百万円の楽茶碗から3千万円の白磁まで)
●二つ目・・・ユーモア
谷啓の役者としてのセンス。谷啓といえばガチョーン!
ガチョーンは、「物を壊す事から新しい物が出来る。」事を表現しているらしい。。。
谷啓曰く、何かを掴み取ってそれを握りつぶしているとのこと。
●三つ目・・・音楽
日本美術とJAZZがハマッた。
日本美術は、以下の特徴があり、それが、JAZZと共鳴したのではないかと。なるほど、そういう分析か!
・シンメトリーが取れていない。・左右対称ではない。・あいまい、多様性・しかし、全体として調和が取れている。

次に、五島美術館の名児耶明さんが登場。
この方の専門は書。明治まで芸術と言えば、書や文人画であった。現代では、脇に追いやられている。
日本人の美意識は、自然美。(シンメトリーではないが、全体で調和が取れている。)書もそれに通じる。
書は読めなくて良い。絵と同じで造形美を感じ、それから、何が書いてあるか興味を持つ事が大事。
自分の目で見て、楽しいと感じる事。そして、自分で調べる事。そこから、自分なりの見る目が養われると言う事だろう。
| アーバンライナー | 10:40 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
岐阜シティー・タワー43
20080112144716.jpg
岐阜シティー・タワー展望フロアからの眺め
| アーバンライナー | 21:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
JAPAN BLUE(藍染の美)@岐阜市歴史博物館
5月の節句に飾る幟。力強い鯉の瀧登りの図柄は、
岐阜市歴史博物館で開催中のJAPAN BLUE(藍染の美)へ。江戸時代中期から明治時代に開花した藍染は、庶民の暮らしに彩りを添えたもの。
自然の発色である藍染は、色に深みがあり、味わいがありますね。また、柄にはそれぞれ意味があり、市井の人々の思いや願いのようなものが表現されています。

帰りに簡単な藍染体験。藍(植物)の葉をちぎって、それを布にはさみ、布の上からトンカチでたたくと、葉から出た成分により、葉の形に藍染ができました。
| アーバンライナー | 16:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ゴッホ展|愛知県美術館

大盛況でした。さすがゴッホ。

内面が安定しているときの絵が好きです。
例えば。。。
サン=レミの療養院の庭
夜のカフェテラス
公園の小道

絵に迫力がありますね。内面に葛藤を抱えているときの絵は重い。
良くも悪くも、見るものの心に何かを感じさせる画家だと思う。

画集で見る絵では、迫力は伝わってこない。本物を見ることで感じるものができる。本物を見よう。
常設展のピカソも良いですよ。
| アーバンライナー | 17:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

 (JUGEMレビュー »)

仕事が忙しく、クリエイティブな時間が取れないと嘆く社会人へ

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode